精神病薬タダポックスで勃起状態を長続き

精神病薬のタダポックスはSSRIのジェネリック医薬品なので、脳の興奮を抑えることによって、勃起状態を長続きさせることができます。通常はうつ病やパニック障害などに処方される精神病薬なのですが、早漏などの場合に服用をすることで過剰な興奮を抑えることができるので、勃起を持続させることができます。タダポックスと同様の薬は精神科や心療内科などに受診をすると精神病薬として処方を受けることができますが、インド産のタダポックスは料金が安く済むので人気となっています。早漏などの改善には塗り薬などもあるのですが、根本的な治療ができないので、使い続けなければならなくなります。それに比べるとタダポックスの場合は、勃起状態を維持するだけでなく、ストレスに対する過剰な反応を抑えることができるので、精神的に安定をして、正常なセックスができるようになります。注意点としてはタダポックスは効き目が実感できるまでに2週間程度かかるので、それまでの間は吐き気や胃の痛みなどを感じることがあるということです。これはうつ病などの薬を服用した時に起きやすい症状なので、毎日服用をし続けることで改善されていきます。タダポックスはSSRIなので脳内のセロトニンの受容体に働きかけて吸収を阻害します。そうすることで落ち着いた気持ちになることができるので不安や焦りなどを感じることがなくなります。セックスの時に不安などが原因となって早漏を引き起こすので、それらの過剰な反応を抑えることで勃起状態を維持することができます。この薬は服用を急に中止するとめまいがしたり、吐き気などが起きることがあるので、いきなりやめるのではなく、少しずつ量を減らしていかなければなりません。