タダポックスで射精を抑制しましょう

性行為は、男女の恋愛や夫婦間でお互いの気持ちを高め合い、確認する大事な営みです。
その大事な行為の時、女性が満足せずに終わってしまうことは、男性にとって自らの自信の失いかねません。
その他、早漏が原因で性の不一致が起こり、男女の仲もダメになってしまうこともあります。

通常、性行為は、女性の方が性的満足感が得られる状態になるのが遅いのです。
逆に男性は、自然に任せて行為をした場合や、性行為に不慣れで、射精をコントロールできない場合に、射精を抑制できずに早く射精します。
しかし、こういった射精のコントロールとは別にして、実は早漏は男性の身体的な機能に異常があって起こるものではありません。
それは、身体ではなく心に問題があると起こります。
それは、仕事や生活のストレスであったり、性行為の緊張からくる心労など様々でしょう。

また、心因性だけでなく遺伝的な要因にも関係してきます。
早漏とされる男性は、ホルモンの1つであるセロトニンを制御する遺伝子に問題がある可能性があります。
そもそも、セロトニンは性的興奮からくる絶頂を制御する働きがあります。
男性が、性的興奮から絶頂に達した時、セロトニンが活発に働きますが、これに問題があるとセロトニンの働きが悪くなるため早漏となるのです。

改善する薬として、タダポックスで射精を抑制させることができます。
タダポックスは、EDと早漏といった問題を解決してくれる薬です。
特に、早漏の改善させる成分としてダポキセチンが配合されています。
これは、脳内の興奮を鎮めるセロトニンの濃度を高めることができます。
これにより、交感神経を抑制させ、興奮した脳を鎮めることができるのです。
そして、射精中枢への興奮を抑えることで早漏を改善させることができるのです。
ただし、吐き気、眩暈、下痢、頭痛、腹痛などタダポックス 副作用として起こることもあります。
しかし、全ての人にこの症状が表れることはありません。